FC2ブログ

無菌室へ届け!未来からの手紙とは?

Yusuke

無菌室へ届け!未来からの手紙











皆さんはじめまして。

ブログ 無菌室へ届け!未来からの手紙

旅するピザ職人 

河内佑介(かわちゆうすけ)と申します。

まずはじめに、こちらのマンガをお読みください。

20190817025305f36.jpeg

201908170253061dc.jpeg

20190817025307f76.jpeg

20190817030014485.jpeg















------------------------------------------------------

私は2016年12月、オーストラリアにワーキングホリデーで滞在中

突如呼吸困難と激しい胸の痛みに襲われ、救急車で病院に搬送され

フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病(Ph+ALL)と診断されました。

前日まで元気に働いていましたし、スポーツ万能で体力にも自信があり、過去に入院したことはありませんでした。

15439788_714900368672242_153332150438799584_n.jpg














5日間の検査入院のあと即帰国、即入院し、

2017年6月30日に移植を終え、同年8月に退院しました。9ヶ月の入院生活で私の人生は180度変わりました。

入院中、移植直後は家族にも会えない。喋れない。

ペットボトルも自分で開けられない、歩けない、寝返りも打てない、20日間何も食べられないような状態でした。

IMG_6387.jpg



















数時間毎にこみ上げる吐き気、嘔吐はとまることがなく、

点滴の栄養のみで生きるスパゲティ人間状態で、ずっと口から物を食べていなかったので緑色の胆汁を吐いていました。

空気を吸うだけで激痛が走る炎症。何をしても止まらない発作、効かない痛み止め。

痛み無しに胸いっぱいに深呼吸がしたい!そう願う毎日でした。

20190527200606b9c.jpeg













そんな中でできることといえば有り余った時間を使っての考え事や、携帯を見る事。

インターネットで病気の名前を調べても、生存率や副作用の記事しか出てきません。

私は「同じ病気を乗り越えたあとに前向きに人生を送っている人のブログを見たい」とずっと思っていました。

IMG_6386.jpg

無菌室から見える景色。無菌状態を保つためのファンの音が大きすぎて眠れない夜が続く。

















そして退院後、通院、リハビリ、玄米菜食のヴィーガン生活を9ヶ月し、体力も徐々に回復して少しずつ歩いたり階段を登ったり降りたりが出来るようになったりしました。

そして無菌室にいた時に秘めていた

「この命に続きがある限り、この命を使って人の為に生きたい」

という想いを叶えるべく

2018年5月無菌室へ届け!未来からの手紙というブログを立ち上げ、旅に出ました。

ピザパーティやお料理教室、飲食店やマルシェでピザ販売をし、出会った皆さんへ闘病体験をもとに「今を生きる」というテーマで講演をしています。

その様子をブログに書いたり、患者さんの元へ直接お見舞いに行っています。

少額ながら売り上げの一部をがんや難病とたたかう人たちへ直接寄付しています。

20190527200605974.jpeg
















今でも根底にあるものはみんなからの

何度も訪れてくれた家族。

移植のドナーになってくれた姉。

無菌室の中は入れないからと、病院周辺の無菌室の窓から見える場所まで来て大きく手を振ってくれた友達。

世界中から集まった千羽鶴は3600羽。

入院中にオーストラリアの友達が作ってくれたGo fund me募金の基金。

それをフェイスブックでシェアされた数は165回。

その中には知らない人も沢山いました。

募金をしてくれた人で一番多かったのはAnonymous(匿名希望)でした。

ヤマブシタケというガンに効くきのこがあると聞き、中国の山奥まで買いに行って5キロ送ってくれた友達もいました。

何度も号泣しました。沢山の愛を頂きました。

愛に生かされていました。

だからこの命に続きがあるなら

人の為に使いたい。

愛に生きたい。

201811221142318d5.jpeg

















コンセプトは

希望の光。


今も無菌室にいて抗がん剤治療をしている方がたくさんいらっしゃいます。

移植ドナーが見つからず、何年も待っていたり、移植がいつ出来るかわからない方もいらっしゃいます。















私も1年前はその中の1人でした。

何十種類もの副作用に耐えて嵐が過ぎ去るのを待つ日々。

そんな日々で、生存してる人の情報はいつも私を勇気付けました。

それは、神様からのプレゼントでした。
















無菌室にいた私が、無菌室にいる人へ、怖くて辛い白血病の治療を終えたあとでもこんなにも可能性があるんだよ。

人に幸せを運ぶことが出来るし、与えられる側から、与える側になれるんだよ。

何かを成し遂げる事が出来るんだよ。

いつか夜は明けるんだよ。

1人じゃないんだよ。

















それを伝えることが私の使命であり

やりたいことです。

ブログ越しでもいい。人伝てでもいい。

無菌室にいた僕が何かを成し遂げる事で

無菌室から見える景色を変えたい。

何者でもなくていい。

神様からのプレゼントで在りたい。

僕の今は君の未来なんだって。

夢を見させてあげたい。



















白血病にならなかったら見えなかったものがあります。出会わなかった人がいて。行かなかった場所があります。

9ヶ月間もの間、病院のベッドの上で見続けた無菌室の窓の外の空もそう。

32都道府県、10か国ピザの旅で出会った人、景色もそう。

こうして、あなたがこのブログを読んでいることもそうです。


白血病にならなかったらわからなかったことがあります。

どんなに病に侵されたって、辛い治療の最中だって心だけは自由だということ。

だから誰だって、どんな状況でも世界で一番の幸せ者になれるんだってこと。

人は見た目だけじゃジャッジできないということ。

諦めたら終わりということ。

生かされている今の価値、自分の価値は自分が決めるということ。

そしてそれは感謝しきれないということ。

食べる、ということ。噛む、ということ。それは、生きる、ということ。

消化、排せつができることすら、当たり前ではないということ。

それは助からなかった命が願っていた、届かなかった夢だということ。

緑がどれだけ美しくて、空がどれだけ綺麗で、太陽がどれだけ気持ち良くて、新鮮な空気がどれだけ美味しいか。

脚が動くことがどれだけの可能性を秘めてて、会いたい人に会いに行けることがどれだけ素晴らしいかということ。

命は光り輝いているということ。

疑うから曇っていたということ。














講演の最後で、いつも「残りの人生が24時間だったらどう過ごしますか?」

という問いを投げかけ続けました。日本でも、海外でも。

その答えを口に出している時、キラキラしない人は1人もいませんでした。

「愛の無い人っていないんだ」と知りました。

そして、好きな回答がたくさんあります。それは、心の引き出しにいつまでもしまっています。

振り返れば、白血病闘病期間中は辛く長く苦しい日々だったけれど

旅の思い出はどんな宝石箱よりもキラキラして見えます。

そして、誰よりも素晴らしい人生を過ごさせてもらっていると実感しています。

毎晩、「世界一の幸せ者です、ありがとう、愛してる。」と唱えて眠りについています。















英語の「Leukaemia survivor group」(白血病生還者の会)にてディスカッションされた

「あなたにとって白血病を一言でいうと?」という問いに

「Awful」「Night mare」「Terrible」という回答(どれもが最悪、とか悪夢という意味です)が続く中

私は「Gift」と答えました。
















きっとどんな出来事も、その時どうするか、その後、どうするか。

今、どんなに苦しくてもどうか希望を持って治療を受けてください。

伝えたい。

白血病は、ギフトだったよ。















201911071358475ed.png












よくある質問はコチラ


スケジュール、料金表についての説明はコチラ

お問い合わせは
alex20gma@gmail.com
080-8182-4324にお願いします。
Posted byYusuke

Comments 6

There are no comments yet.
Midori  
ゆうすけの ピザ

ゆうすけのピザは焼きたて愛情いっぱいで まじで そこいらの レストランよりも うまいでー!
しかも、 自分達のために 作ってくれる! 人間的にも ピザ的にもおすすめです。 あー もう 1回食べたい。。

2018/06/12 (Tue) 03:11 | EDIT | REPLY |   
くがわのりこ  
未来ということ

ご縁を頂き、佑介君と佑介君のビザに出会う事が出来ました。
5年前、白血病を患った同僚を看とりました。
無菌室にも入れてもらえませんでした。
生きること、生かされること。
生き抜いてください。

2018/07/08 (Sun) 18:56 | EDIT | REPLY |   
Yusuke  
Re

みどりさん
近いうちにヨーロッパ編を計画しています。ご参加して頂けますように!


くがわのりこさん
その節はお世話になりました。常に死と隣り合わせ。だから毎日感謝して今を生きています。これからも生き抜いていきます。

2018/08/23 (Thu) 18:37 | EDIT | REPLY |   
Yusuke  
Re: 未来ということ

> ご縁を頂き、佑介君と佑介君のビザに出会う事が出来ました。
> 5年前、白血病を患った同僚を看とりました。
> 無菌室にも入れてもらえませんでした。
> 生きること、生かされること。
> 生き抜いてください。

のりこさん

今日、生かされているの言葉の意味がようやくわかりました。
のりこさん、その節はお世話になりました。また会いましょう。

佑介

2018/12/02 (Sun) 17:51 | EDIT | REPLY |   
cajo  
ご縁あり

ご縁ありたまたま、Facebookで見かけ
そして出向いた先にタイミング良く
ピザをご馳走になりました。

小さな町なので本当に奇跡というか
運命というか御縁を感じて、
しかも美味しい………。

私自身は食べることがあまり得意ではないですが
同伴する友人皆が美味しいと笑顔になれるピザ。
それをみて私もしあわせになれて、出逢いに感謝。

様々なタイミングにありがとうございます(^^)
貴方自身が私にとっては、美味しく、
心温まるしあわせな生きる居場所になりそうです。

2019/09/26 (Thu) 22:05 | EDIT | REPLY |   
Yusuke  
Re: ご縁あり

> ご縁ありたまたま、Facebookで見かけ
> そして出向いた先にタイミング良く
> ピザをご馳走になりました。
>
> 小さな町なので本当に奇跡というか
> 運命というか御縁を感じて、
> しかも美味しい………。
>
> 私自身は食べることがあまり得意ではないですが
> 同伴する友人皆が美味しいと笑顔になれるピザ。
> それをみて私もしあわせになれて、出逢いに感謝。
>
> 様々なタイミングにありがとうございます(^^)
> 貴方自身が私にとっては、美味しく、
> 心温まるしあわせな生きる居場所になりそうです。

ここすごく感動しました!元気がでました。ありがとうございます。

2019/09/29 (Sun) 22:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply


にほんブログ村
にほんブログ村